ふるさと納税で応援しよう!!
鹿児島県奄美市
加計呂麻島ひとり旅

震洋隊基地跡 加計呂麻島「海辺の生と死と」ロケ地

加計呂麻島呑之浦

【PR】あなたも写真を投稿しませんか?
写真素材ダウンロードサイト【写真AC】

奄美大島のガイドさんが運転する車での加計呂麻島ツアー

瀬相のフェリー乗り場のあとは加計呂麻島の北側の海岸沿い道路を通り、東側へ向かいます

加計呂麻島を舞台にした映画「海辺の生と死と」のロケ地

呑之浦の震洋隊基地跡と島尾敏雄文学碑公園へ寄りました

ここもきれいな入り江です

震洋隊基地跡 太平洋戦争の歴史 呑之浦

震洋隊基地跡 加計呂麻島の戦跡

震洋隊基地跡にはレプリカの震洋があります

こんな横穴が何ヶ所か残っているそうです

このような横穴に待機していたんですね

加計呂麻島呑之浦震洋隊基地跡加計呂麻島呑之浦震洋隊基地跡

太平洋戦争の跡

加計呂麻島は軍事的に重要なところだったそうです

沖縄戦のときに戦場となったのは沖縄までだったので、加計呂麻島や奄美大島は戦場にはならなかったのですが戦跡はあちこちにあります

震洋は日本海軍が開発した小型特攻ボートです

小型のベニヤ板製モータボートで爆薬を積んで目標とする船舶に体当たり攻撃を仕掛けるものです

震洋はレイテ沖海戦で投入された神風特別攻撃隊より半年早く、特攻兵器として開発を完了していたそうです

震洋隊基地というのは、奄美諸島だけでなく、沖縄にも、台湾や香港、九州、本州にもあったそうで、震洋の戦死者は2500人以上にものぼっているそうです

特別攻撃隊といえば、神風、回天などは聞いたことがあっても、震洋というのはあまり耳にはしないのではないでしょうか

きれいな入り江の中、こんな戦争の爪痕が残っています

海辺の生と死と ロケ地 島尾敏雄文学碑公園

加計呂麻島呑之島尾敏雄文学碑公園加計呂麻島呑之浦島尾敏雄文学碑公園

呑之浦 島尾敏雄文学碑公園

震洋隊基地跡の近くには島尾敏雄文学碑公園があります

島尾敏雄(大尉)は第18震洋隊の隊長として、この加計呂麻島の呑之浦に駐屯していましたが出撃命令を受けながらも出撃前に終戦を迎えました

その後、小説家として作品を残しており、映画化されたものもあります

「死の棘」は、カンヌ国際映画祭で審査員グランプリを受賞しています

海辺の生と死と 加計呂麻島部隊の映画 ロケ地

最近では、映画「海辺の生と死」で永山絢斗と満島ひかりが、島尾敏雄と島尾ミホの夫婦の太平洋戦争末期の加計呂麻島での出会いなどの物語を演じています

永山絢斗と満島ひかりが交際中の中での恋人役としての共演というのも話題になっていました

島尾敏雄の『島の果て』などが原作となっていて、作品名は島尾ミホの同名小説から取られているそうです

この旅行は、2017年秋10月ですが「海辺の生と死」の映画公開は夏の7月でした

加計呂麻島でロケが行われていたので、なんどか海辺の生と死のポスターが貼ってあるのをみかけました

海辺の生と死と(無料でした) 満島ひかりと永山絢斗

加計呂麻島の美しい海と自然の景色

アマゾンプライムで無料で見ることができていました(2020/2/13まで)

呑之浦は静かで美しい入り江です



ぼっちたびWebAPI=海辺の生と死と

加計呂麻島呑之浦加計呂麻島呑之浦

スリ浜海岸 加計呂麻島

スリ浜海岸の砂浜

呑之浦の後は、スリ浜へ移動です

スリ浜には何軒か宿があります

浜のすぐ近くに宿がありますから、スリ浜は海水浴やシュノーケリングなどしながらゆっくりするには最適な浜ですね

きれいな砂浜です

加計呂麻島スリ浜海岸加計呂麻島スリ浜海岸

道路で車を降りて、木々に囲まれている海岸沿いの林を通って、浜へ

車はガイドさんが車を止められるところまで移動しています

ちょっと一人、そのあたりを見て回ります

加計呂麻島スリ浜海岸桟橋への小道加計呂麻島スリ浜海岸桟橋への小道

スリ浜の桟橋は、木製じゃないんですね

コンクリート製でしっかりとしています

加計呂麻島スリ浜海岸桟橋加計呂麻島スリ浜海岸桟橋

このスリ浜にも海水浴客は見当たりませんでした

ガイドさんの話によると加計呂麻島の地元の人たちはあまり海には入らないとのこと

海に入っているのは観光客だとのことですが、この日はその観光客もいない

奄美大島も加計呂麻島もどこの海岸も人があまりいません

ゆっくり静かに過ごすには、いい島です

人がいなくて、きれいな海、浜

10月でもまだ夏のような日差しと暑さです

加計呂麻島スリ浜加計呂麻島スリ浜

10月の加計呂麻島は、関東の夏ぐらいの暑さです

まだまだ十分に海に入れる気候ですが、どこの海岸もまるでプライベートビーチです

奄美大島・加計呂麻島  人気の観光スポット&アクティビティランキング

泳ぐ準備をしてこなかったので、シュノーケリングもしなかったのですが、きれいな海、人のいない海ですから、とても楽しめると思います

奄美群島のレジャー&遊び体験ツアー 現地ツアーガイドの利用がおすすめです

加計呂麻島散策ツアー付きガイド