加計呂麻島パワースポット

加計呂麻島のパワースポット ガジュマルの巨木 於斎と武名


加計呂麻島の日帰りの島旅

おすすめのパワースポット

ひとり旅といってもガイドさん付きの加計呂麻島ツアーでまわる旅の後半戦

於斎のガジュマルと武名のガジュマルの巨木です

加計呂麻島の豊かな自然の力を感じられるパワースポットです

加計呂麻島 於斎のガジュマル
加計呂麻島 於斎のガジュマル

加計呂麻島のパワースポット ガジュマルの巨木 於斎

加計呂麻島のパワースポット 於斎のガジュマルの木

加計呂麻島ツアー 南海岸 於斉のガジュマルです

ガジュマルは上からツルが降りてきて、地面に達すると地面に根のようにツルが入っていき、そのツルが幹になって大きくなっていくのだそうです

加計呂麻島 於斎のガジュマル
加計呂麻島 於斎のガジュマル

何本も何本もどんどん大きくなっていきます

ここは周りは森というわけではないので、すぐ近くに寄れて、ガジュマルの大きさが実感できます

加計呂麻島のパワースポット 男はつらいよ記念碑

この於斎のガジュマルの木の横に記念碑があります

男はつらいよ 寅次郎紅の花

第48作 特別編のハイビスカスの花がありますが、特別編を除くと男はつらいよシリーズの最後になる作品です

「吉岡秀隆を乗せた浅丘ルリ子の車がデイゴ並木を走り抜ける」と書いてあります

男はつらいよ紅の花で加計呂麻島をみることができます

様子はほとんど変わっていないですね

加計呂麻島 於斎のガジュマル
加計呂麻島 於斎のガジュマル

加計呂麻島のパワースポット ガジュマル 武名

加計呂麻島のパワースポット 武名のガジュマルの木

加計呂麻島に西半分のちょっと西よりにある武名まで行きました

於斎から島の北側へ移り、瀬相を通ってきました

ガジュマルの巨木を見るのは武名で2本目です

今回の加計呂麻島ツアーの西の端になります

武名の海岸沿いの道路からちょっと陸側に入ったところにあります

加計呂麻島 武名のガジュマル
加計呂麻島 武名のガジュマル

大きなガジュマルの木へ行く道の入口には小さな看板がありました

道路沿いで車を降りて、ちょっと中のほうへ入っていきます

道路からすぐですが、公民館の横を通り過ぎて行きます

相撲がさかんだそうで、島の中の公民館の脇には土俵があります

加計呂麻島のパワースポット ガジュマルの木 森の中の巨木

うっそうとした森の中に大きなガジュマルの木があります

自然の中に育る大木 ガジュマルの木に圧倒されます

しばらく見るだけでいいです

豊かな自然の中のパワースポットです

加計呂麻島 武名のガジュマル
加計呂麻島 武名のガジュマル

今回のツアーはここが最西なので、ガジュマルの巨木を見たら、瀬相のほうへ戻ります

加計呂麻島のパワースポット スコールには気をつけて

加計呂麻島 武名の桟橋
加計呂麻島 武名の桟橋

加計呂麻島のパワースポット 武名の空と桟橋

武名の海岸には、木の桟橋があります 海岸の集落にはこういう桟橋がよくあります

コンクリートの桟橋とか、浮桟橋とかいくつか種類がありますね

ガイドさんが怪しい雲が近づいてきていることを教えてくれました

奄美大島や加計呂麻島では、こういう雲が出てくると、スコールが降るのだとか

黒くなっているところのある雲のかたまりです

加計呂麻島 武名の空
加計呂麻島 武名の空

近づいては来ましたが、運良くスコールに降られることはありませんでした

奄美大島、加計呂麻島の天気は変わりやすいです

雨も多いです

島をまわっているとときどきスコールに会うこともあるそうです

あったらあったで仕方ないです

南の島ではよくあることです

加計呂麻島のパワースポット 青の洞窟

武名の先、加計呂麻島のさらに西側にも実久の海など見どころがあるということなのです

今回のツアーは武名から東へ戻ってしまいました

加計呂麻島の西端の実久の海は、実久ブルーと呼ばれる美しいビーチがあるところです

青の洞窟も点在しているそうで、洞窟探検ツアーやウミガメを見られるシュノーケリングのツアーなどもあるようです

ですが、ここから西はまたの機会です

ガイドさんは次の機会にはこの先に行きましょうと言ってました

加計呂麻島や奄美大島のダイビングやシュノーケリング、シーカヤックなどいろいろなアクティビティのプランがあります

加計呂麻島の海は、こんな海は初めてと感動する人が多いそうです

加計呂麻島ひとり旅 日帰り散策ツアー

加計呂麻島をスローガイド奄美の1日散策コースの日帰りツアーでまわりました

スローガイド奄美 加計呂麻島日帰り

加計呂麻島日帰り・マングローブ
カケロマ・大島海峡 珊瑚の海
奄美南部・加計呂麻マリンレジャー